愛されボディになるために【体の内側】

愛されボディになるために【体の内側】

愛されボディになるためには
食事やストレスなど生活習慣を
体の内側を改善しましょう。
美は1日にしてならずです。


体の内側を改善するには?

前回のお話は、
>>愛されボディになるために【体の外側】

 

男性に愛され続けるためには、
愛されボディになることが大切です。

 

その為には、
体の外側と内側を磨くことです。

 

 

今回は、体の内側についてお話します。

 

体の内側を改善するには
生活習慣を正していくことが、大切だと思います。

 

生活習慣が乱れていると心や体にも影響してきます。

 

まず食事についてお話します。

 

食事は生命の源ですよね。
食べなければ生きていけません。

 

しかし、やたらめったら
食べればいい訳でもありません。

 

偏った食事をしていれば、
栄養が届かずに体調を壊します。

 

何事もそうですが、
適度なバランスが必要になります。

 

そのバランスの良い食事が、美しい胸を育てます。

 

胸を大きく美しくしたいのなら
たんぱく質、ビタミンB6、ビタミンE、ビタミンB1、B2、ビタミンA、
イソフラボン、ボロンなどをまんべんなく摂りいれましょう。

 

次に睡眠についてお話します。

 

以外に睡眠を疎かにしている人が、
多いように感じます。

 

私も以前は睡眠を疎かにしていました。
夜中の2時ぐらいに寝るような生活でした。

 

胸が育つには成長ホルモンが関係しています。
しかも成長ホルモンは睡眠中にしか
分泌されないのです。

 

そして、夜の10時〜夜中の2時に
成長ホルモンが一番分泌されます。

 

その時間に熟睡できているということが、
バストアップにはとても望ましいです。

 

最後にストレスについてお話します。

 

ストレスは、全部が悪い訳ではありません。

 

程よいストレスは交感神経を刺激して、
体を良い感じに活動モードにします。

 

でもストレスが強いと交感神経が緊張を起こし、
眠れなくなったり、イライラしたりします。

 

こんな時は、38℃〜40℃ぐらいのぬるめのお風呂に入って、
リラックスすると交感神経が落ち着きます。

 

体の内側を改善することによって、
血流や良くなり栄養がバストに届き、
ふわっとしたカタチのいいおっぱいができるのです。

 

ただ内側だけケアしても効果はUPしません。

 

やはり、体の外側と内側をバランスよくケアすることが、
愛されボディになる秘訣だと思います。

 

 

愛されボディになるために【体の内側】関連ページ

自分にあったブラジャーの選び方
自分にあったブラジャーの選び方
愛されボディはバストにあり
愛されボディはバストにあり
自分の体を慈しむことが大切
自分の体を慈しむことが大切
愛されボディになるために【体の外側】
愛されボディになるためにはマッサージやストレッチなど体の外側を磨きましょう。美は1日にしてならずです。
胸にハリを戻すには
肌にハリを感じなくなってきたらかなり要注意です。 胸のハにリを戻すには肌のハリを与えることです。
お風呂上りのボディクリームはすぐに塗ったらダメ?
お風呂上りのボディクリームは、いつ塗ったらいいの?すぐに塗る?それとも?体の機能はどうなっているの?

ホーム RSS購読 サイトマップ