バストアップと女性ホルモンの関係

バストアップと女性ホルモンの関係

バストアップと女性ホルモンの関係とは?
知ってますか?
女性ホルモンなくしては
バストアップも出来ないのです。


エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)

バストアップと女性ホルモンの関係についてお話します。

 

まず女性ホルモンについてお話します。

 

女性の2大ホルモンといわれているのが、
エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)です。

 

エストロゲンと呼ばれる(卵胞ホルモン)は、「女性らしさ」をもたらすホルモンです。

 

肌や髪を綺麗にしたり、骨を強くしたり、代謝を高めたりします。

 

月経周期でいうと、
エストロゲンは生理が終わるころから排卵日の直前に、より多く分泌されます。

 

この時期は、動物のメスが交尾の時期にフェエロモンをまき散らすのと似ていて
エストロゲンが多く分泌されるので性欲も増大します。

 

そして代謝もよくなるのでダイエットをするのにも向いています。

 

 

もうひとつのプロゲステロン(黄体ホルモン)は、「妊娠の維持」のために分泌されるホルモンです。

 

受精卵が着床しやすいように子宮内膜のコンディションを整え
体内に水分をキープしたり、食欲を増進させたり、乳腺の発達を促します。

 

排卵後や妊娠中に分泌が盛んになります。
そして、肌荒れ(にきびや吹き出物)、腰痛、便秘、胸の張りなどの
不快な症状を引き起こしたり、精神的にイライラして、性欲も減退します。

女性ホルモンの分泌を増やすことがバストアップに繋がる

このふたつのホルモンは、正常な性周期において分泌状態が変化します。

 

具体的には、
排卵前にエストロゲンが徐々に増量し一時的にピークを迎えた後に減少し、
排卵後にはエストロゲンとともにプロゲステロンが増量します。

 

そして生理前になると両ホルモンが急激に減少していきます。

 

この2つのホルモン量が変化することが「ホルモンのバランス」なのです。
この2つのホルモンバランスを崩すと不正出血や子宮内で炎症や体調不良が起きてしまうのです。

 

そうならないために普段からホルモンバランスに気をつけましょう。

 

女性ホルモンはバストアップには欠かせません。

 

女性ホルモンの仕組みを知って、女性ホルモンの分泌を増やすことがバストアップに繋がるのです。

バストアップと女性ホルモンの関係関連ページ

エストロゲンを増やす食べ物でバストアップしよう
エストロゲンを増やす食べ物でバストアップしよう
お気に入りの香りでエストロゲンを増やそう
お気に入りの香りでエストロゲンを増やそう
女性ホルモンを活性化させる方法
女性ホルモンを活性化させる方法
バストアップと生活習慣【睡眠】
バストアップの効果が出ない人は生活習慣が乱れている可能性があります。バストアップしたければ、もう一度、今の生活習慣を見直してみましょう。
バストアップと生活習慣【食生活】
バストアップの効果が出ない人は生活習慣が乱れている可能性があります。今回は、食生活についてお話します。きちんとバランスよく食品を摂りましょう。
バストアップと生活習慣【ストレス】
バストアップの効果が出ない人は生活習慣が乱れている可能性があります。今回は、ストレスについてお話します。ストレスを溜め過ぎないようにしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ